Entries RSS Comments RSS

止められないホストクラブ

2月 26th, 2015

大学進学を機に関西の田舎から東京に出てきました。
大学進学のためにと言うのは口実で、本当は都会暮らしに憧れていただけでした。

そんな私がよく遊んでいたのは渋谷と新宿。昼間は渋谷で買い物して、夜は新宿で友人たちと朝まで飲むのが日課でした。
当然、夜遅くまで新宿でブラブラしていると、よくホストに声を掛けられました。

ホストのように見た目がちゃらちゃらしている男性があまり好きではないので、ずっと断っていたのですが、友人の仲の一人がホストに行ってみたいということで、足を踏み入れてしまいました。

これまではずっと、タイプではない男性にちやほやされてもつまらないと思っていたのですが、いざ席についてホストと話をすると、私を褒めてくれて、馬鹿なことを言って笑わせてくれたりと、想像以上に楽しませてくれる場所なのだと思いました。

私はキャバクラでバイトをしていたことがあったので、お客さんに話を合わせたり、ゴマをすったり、頑張って楽しませようとすることに慣れていました。

なので人に合わせてもらったり尽くしてもらうことが初めてで新鮮でした。
その日の高揚感を忘れられず、気づけば次の週もホストクラブに行っていました。

その当時、私は付き合っている男性がいましたが、ホストに通っていることはもちろん内緒でした。
そのうちお金が底を着いたので、再びキャバクラで働き始めました。

そのことが彼氏にバレて振られてしまっても、ホスト通いを止めることはできませんでした。
ついには風俗で働き始め、カードでキャッシングをするようになりました。

http://xn--lck0c6eya6bc9316d4egxz0c.net/

ホストに対して恋愛感情はなく、指名しているホストと、その周りにいる仲のいいホストに会い楽しませてもらい、シャンパンを入れてみんなを盛り上げたいという気持ちです。

キャッシングの返済が滞り、親にばれたときに、ついにその店に通うのは止めました。
しかしホストクラブ自体は止められません。

結婚した今でも、月に3回くらいは初回でホストクラブに入店しています。

結婚に向けての、節約の日々

2月 11th, 2015

お金での悩み、それはやはり、給料が安いことでしょうか。
昨年、居酒屋から社員食堂の調理師に転職いたしました。

居酒屋が激務なこともあり、もっと時間の持てる職にしようと転職しましたが、手取りが約4万円減りました。
減った分を補填するため、パソコンやスマートフォンで副業をしています。

現在結婚を考えている彼女と同棲しており、一人暮らしの時とは比べ物にならないほど支出が増えているのも悩みです。

家賃が7万円、食費が5万円、光熱費1万円、携帯代1万円、結婚に向けての貯金2万円、奨学金返済に2万円の支出があり、手元に残るのは数万円といった状態です。

ギャンブルもしませんし、酒やタバコもしないため、月々の無駄な支出はかなり少ないと思います。
昼食代は勤務先でまかないが出るためかかりません。夕食はほぼ彼女にお任せしています。

食費は節約のため、近所のスーパーでは買い物せず2駅離れた業務スーパー、家から徒歩15分のオーケーストア等の、安いスーパーで買い物をしています。特に業務スーパーの食品を利用しています。

冷凍餃子が30個185円、スパゲッティが500gで81円、冷凍うどんが200g×5玉入りで120円、白米が10kgで1750円など、相場の半額以下で抑える事が出来ます。

調理師という職業柄、限られた食材や安い代用食材そして限られた調味料で料理をする事に慣れているので非常に役に立っています。

業務スーパーを利用してから、今まで1日1000円目安だった食費が、半分程に減りました。5万円の食費も、最終日には1万円程度が残るようになりました。

その分を、貯蓄に回しています。やはり、食費を安く抑えればあまり所得は高くなくても一定水準の生活は送れると思っています。

彼女と一緒に暮らす前は、貯蓄なんてとてもじゃないけど出来ていませんでした。それどころか、お金が足らずにキャッシングで借りる事があったぐらいですからね。

ちなみにこの当時はアルバイトだったんですが、アルバイトでも借りれるローン会社を利用していました。
コチラから借りてました…お金を借りるアルバイト

バイト代がでたら返済して、またお金を借りる。まさに自転車操業でしたね。この時は大変でした。アルバイト先は居酒屋だったんですが、よく残りの食材を持って帰って食べていましたね。

エビ

お金を借りる多数派は女性。

1月 30th, 2015

あまり知られていませんがお金に不自由をしているのは、どうも女性のほうが多数派のようです。これからきっと必要になるさらに使いやすい女性しか利用できない、特徴のある即日キャッシングサービスが次々と登場してくれるときっと便利でしょうね。こういったところで女性がお金を借りることが出来ます→即日融資可能なレディースローン
ポイントになるのは、借りたお金の借入れ理由が縛られずに、貸し付けの担保とか何かあった時の保証人のことを考える必要がないけれども現金で借りることができるのは、名前がキャッシングでもローンでも、ほぼ同じものであると考えて差し支えありません。
短期的なお金が必要で、キャッシングしてから30日以内で返すことができる金額の範囲で、新規キャッシングを申込むのだったら、30日間とはいえ利息が0円のとってもお得な無利息キャッシングを使って借り入れてみたらいかかでしょうか。
提出したキャッシングカードの申込書などの関係書類に、記入漏れとか記入誤りなどがあると、たいていは再提出か訂正印を押さなければいけないので、書類が手元に戻ってきてくることになるのです。本人が自分で記入すべき箇所は、記入後に再確認するなど慎重に記載してください。
新規キャッシングを申し込んだ場合、勤務をしている会社に電話連絡があるのは、阻止できないのです。あの電話は在籍確認といって、申込書に記載している勤務先に、ちゃんと働いている方なのかどうかを確認しなければいけないので、今の勤務場所に電話で確かめているのです。

Web契約というのは、わかりやすくて確かに便利なのですが、便利と言ってもやはりキャッシングの申込は、絶対に金銭的な問題に関係するので、もし不足や誤りが見つかれば、通過できるはずの審査で落とされるという結果になる可能性も、ゼロではなく、ほんのわずかに残されているというわけです。
近年は、パソコンやスマホなどインターネットを使って、いくつかの設問の入力を終わらせて送信するだけで、貸付可能な上限などを、提示してくれるキャッシングの会社も増えてきているので、申込の手続きっていうのは、実はとっても気軽にできちゃうんです。
便利なキャッシングがすぐに対応できる各種ローンは、かなりあります。よく知られている消費者金融業者の貸し付けもこれですし、そうじゃなくて銀行のカードローンで借りることも、同じように借り入れが受けていただくことが可能なので、分類上即日キャッシングということなのです。
この何年かは便利な即日融資が可能な、キャッシング会社が増えつつあります。融資が早いと新しいカードがあなたのところに届く前に、あなたの銀行口座に審査が完了した融資のお金が送金される場合もあります。いちいちお店に行くことなく、インターネット経由で出来ますのでぜひ利用してみてください。
たくさんの業者があるキャッシングを利用申込する方法は、これまでにもあった店舗の窓口を訪問したり、ファックスや郵送、オンラインを使ってなど多くの方法に対応可能になっていて、商品は一つでも様々な申込み方法から、自分の希望の方法を選べるキャッシングもあります。

業者の対応が早い即日融資を希望するという人は、インターネットにつながるパソコンとか、スマートフォンや携帯電話を使用するとおすすめです。カードローンの会社のサイトを使って申込を行います。
当然無利息や金利が低いなどのメリットは申込むローン会社をどこにするのか決定する上で、欠かせない点だと言えます。しかし安心感があるところで、融資してもらいたいのであれば、出来れば大手銀行の傘下にあるキャッシングローン会社で申込むことを一番に考えてください。
あまり知られていませんがキャッシング会社が一緒でも、インターネットキャッシングを利用するときだけ、かなり助かる無利息でOKのキャッシングで対応をしてくれるところだってあるわけですから、キャッシングの申込や比較をするときには、利用申込の方法がどれなのかについても忘れずにしっかりと確認しておくのがおススメです。
申込をする人が返す能力があるかないかということなどについてきっちりと審査する必要があるのです。期日を守って返済することができることが間違いない。このような方、やっとキャッシング会社は振込を行ってくれます。
新規カードローンを実行できるかどうかの審査で、在籍確認というチェックが行われているのをご存知でしょうか。このチェックは申込んでいる審査対象者が、事前に提出されている申込書に書き込んだ勤務場所で、しっかりと勤続しているのかどうか調査確認するものです。

 

どの消費者金融会社がいいのか。

1月 9th, 2015

私は専業主婦になって2年が経ちました。妊娠をきっかけに結婚をし、つわりも酷かったので正社員の仕事を辞めて、専業主婦になりました。急に結婚が決まったのもあって貯金は全くなく、主人の給料も毎月安定してあるわけではないので給料が少ない時は赤字です。最初のころはその赤字を埋める貯金もなかったので専業主婦がお金を借りることのできる金融機関でお金を借りて生活費に充てていました。

参考→専業主婦お金借りる※収入0の専業主婦の方も夫に内緒で借りられます。

昨今、消費者金融そのものが急増しており、どの金融会社に決めようか思い悩む人が大勢いると思われるため、ウェブや週刊誌などで人気順のランキングという形などで口コミを目にすることが可能なのです。
銀行系列の消費者金融会社は、状況が許す限り貸し出しOKとなるような自社特有のユニークな審査基準を設定しているので、銀行でのカードローンに落ちた方は、銀行傘下の消費者金融に申し込んでみてはいかがでしょうか。
規模の大きい消費者金融業者では、毎月の支払額が一定になるリボなどを使った際、年利を計算すると15%~18%と予想外に高い金利が発生するので、審査を通過しやすいキャッシングやローンを上手に活用する方が、最終的に得したことになります。
どこに決めれば無利息などという条件で、消費者金融に借入の申し込みをすることができてしまうのか?間違いなく、あなたも興味があるかと思います。その時に、勧めたいのがCMもお馴染みのプロミスなんです。
周知されている消費者金融なら、即日での審査並びに即日融資でお金を借りる時でも、金利に関しては低金利でお金を貸してもらうことが可能なので、楽な気持ちでキャッシングすることができることでしょう。

たまに目にする即日融資とは、借り入れを申し込んだその日のうちに速攻でキャッシングを受ける事が可能になる制度です。生まれて初めて消費者金融業者に申し込みをするなら、元より金融機関への申込が必須となりますので覚えておいてください。
大半の消費者金融において、審査の結果が出るまでが早ければ30分程度と、迅速に済むことを強調しています。ウェブ上での簡易診断を受ければ、10秒以内に結果がわかります。
借入金額が膨らみどこの消費者金融会社からも貸付を断られた方は、このサイト内の消費者金融の系列会社一覧の特集から申請を行えば、他で断られた貸付がOKとなる場合もあると考えられますので、選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。
今日この頃の消費者金融会社は、即日融資を売りにしているところがたくさんあるので、たやすく資金を調達することができるというメリットがあります。インターネットによる申込みであれば一日中ずっと対応できます。
直々に店舗まで行ってしまうのは、他人の視線が不安であるという状況なら、ウェブ上にある様々な消費者金融を一覧にまとめたものなどを上手に使って、条件に合った借入先を探すのがいいと思います。

ケースバイケースの審査で対処してくれる、消費者金融業者を一覧にしたものです。他の会社で落ちた方でも簡単に断念せず、まずは相談してください。異なる会社からの借入の件数が複数あるという人には最適です。
ネットの検索サイトを使って検索したらヒットする消費者金融業者全般に関する一覧には、金利に関することや借入の限度額のような、ローン・キャッシングの詳細な項目が、ぱっとみてわかるように集約されています。
借り入れる額の大きさによっても金利は変わりますので、適正な消費者金融そのものも違ってくるはずです。低金利なところだけに執着しても、ご自身に最もフィットする消費者金融会社は選べないでしょう。
中程度の消費者金融の場合、弱みにつけ入れられてでたらめな高金利で融資を実行されるケースが非常に多いので、即日融資によってお金を借りるのなら、一流の消費者金融業者にて借りるのがおすすめです。
このサイトをしっかりチェックすることで、誰もが消費者金融業者において借入のための審査にパスする為の対策が身につくので、面倒な思いをしてお金を借りることができそうな消費者金融の一覧表等を探すために検索しまくる必要にせまられることもありません。

 

貯金があればこのコンプレックスだって・・・

12月 24th, 2014

わたしのコンプレックスは、口元に集中しています。
子どもの頃爪を噛むくせをつけてしまったためでしょうか、口元が骨格から歪んでしまっているようなのです。今では爪を噛むことはないのに、口元の妙な歪みはバッチリ残ったままです。
自分ではしっかり口を閉じているつもりなのに、唇の片側に常に隙間ができるようになってしまいました。
それを気にして力を入れて口を閉じるようにすると、今度は顎の方にくちゃくちゃっと梅干し状のシワが寄ってしまいます。
それでなくても顎がたくましくくっきり縦に割れてしまっていることもかなり気になっていたのに、これではますます口元が気になってしまいます。
こういう骨格やその歪みについてのコンプレックスは、長年かけて積もり積もっていくものなので、根本的かつすぐに解決するというのは難しいのだそうです。
整体に通ってみたり、妙な器具を使って口元の筋肉を鍛えてみたりと、思いつく限りのいろんな方法を試しましたが、確かにどれもあまり効き目があったとは言えません。
お化粧で隠すのにも限界があります。
そもそも、自分が何も表情を作っていないつもりのときまでもどんな顔をしているか気になって仕方がないというのは、かなり重症ですよね。
思い切っていろんな人にこのコンプレックスを話してみると、気を遣ってか、周りの人はみな「全然気にならないよ」とか、「そうだったんだ、初めて知ったよ」などと言ってきます。
でも、唯一母だけは真面目に聞いてくれて、同じコンプレックスを抱えてきた自分からの遺伝に違いないと、真剣に対策を考えてくれました。

その対策というのが、テレビなどでも紹介されていることもある顔の矯正エステ的なもの。。こういったのって一度行っただけでもすぐに元に戻ってきてしまうから、続けて通う必要がありますよね。。そのためには通うお金もそれなりには必要。

私は、現在貯金0円。貯金が少しでもあればなんとかエステ的なものに続けて通うことができるのに。。。と、貯金をしてこなかった自分に腹が立ちますね。。